下記のとおり開催いたしますのでご案内いたします。多数の皆様のご参加をお待ちいたしております。

  • 日 程 : 2016年10月28日(金)~29日(土)
  • 会 場 : 倉敷市芸文館
    岡山県倉敷市中央1-18-1
  • 大会長 : 公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院
    病院長 山形 専
  • テーマ : 医療の連続性を求めて ~シームレスな医療サービス連携
  • 事務局 : 第18回フォーラム事務局 倉敷中央病院 大会事務局
    電話 : 086-422-0210(代表)

詳細は専用サイトにてご確認頂けます。(上記バナーをクリックして下さい)

米国シアトルのバージニアメイスン病院(Gary Kaplan 院長、Virginia Mason Medical Center:以下 VMMC)における第7回 VMMC Kaizen セミナーの参加募集につきまして、募集人員に達しましたので、受付を終了しました。
たくさんの方にご応募いただき、誠にありがとうございました。

  協議会の活動は年1回開催する全国大会としてのフォーラム「医療の改善活動」を中心とし、地域的な広がりを持たないまま、現在に至っています。登録施設会員も全国各地域に広がりを見せ、新たにQCサークル活動を導入したり、一層の深化を希望したりする施設も増えています。この度、協議会では「地方会」開催の試みとして近畿地区を対象に「第2回 医療のTQM・近畿ワークショップ」を開催することになりました。近畿地区に限らず、多くの皆さまの参加をお待ちしています。

詳細は専用ページにてご確認頂けます。(上記バナーをクリックして下さい)

2016.08.02
ニュースレターVol.38を掲載しました。
2016.06.23
第2回医療のTQM・近畿ワークショップのお知らせを掲載しました。
2016.06.20
第18回フォーラムの参加登録、演題登録の受付を開始いたしました。
2016.05.18
第17回フォーラム優秀事例並びに事例発表は会員専用ページよりご覧頂けます。
2016.05.17
第7回バージニアメイスン病院Kaizenセミナーのお知らせを掲載しました。
2016.03.01
第18回フォーラム プレセミナーのお知らせを掲載しました。
2016.01.19
第18回フォーラム「医療の改善活動」全国大会 in 倉敷を開催いたします。
2015.09.15
ニュースレターVol.37を掲載しました。
2015.08.05
第1回医療のTQM・近畿ワークショップのプログラム・発表事例を掲載しました。
2015.07.23
第17回フォーラムの参加登録、演題登録の受付を開始いたしました。
2015.06.15
第1回医療のTQM・近畿ワークショップのお知らせを掲載しました。
2015.04.30
ニュースレターVol.36を掲載しました。
2015.04.24
第6回バージニアメイスン病院Kaizenセミナーのお知らせを掲載しました。
2015.03.20
第17回フォーラム プレセミナーのお知らせを掲載しました。
2015.01.05
第17回フォーラム「医療の改善活動」全国大会を開催いたします。
2014.09.13
上原鳴夫理事長逝去に伴い、理事長が安藤廣美に交代しました。
2014.07.01
第16回フォーラム「医療の改善活動」全国大会を開催いたします。
2014.04.26
ニュースレターVol.35を掲載しました。
2014.04.26
会員施設を更新しました。
2014.04.10
第5回バージニアメイスン病院Kaizenセミナーのお知らせを掲載しました。
2014.03.08
第16回フォーラム プレセミナーのお知らせを掲載しました。
2013.11.28
会員施設を更新しました。
2013.08.24
2013年リフレッシュ・セミナーのお知らせを掲載しました。
2013.06.18
組織を更新しました。
2013.05.07
第15回フォーラム「医療の改善活動」全国大会を開催いたします。
2013.04.01
ホームページをリニューアルしました。
2012.07.01
第14回フォーラム「医療の改善活動」全国大会を開催いたします。
2012.06.09
組織を更新しました。

医療のTQM推進協議会 幹事、研修担当の麻生飯塚病院の開設者、麻生泰様が「明るい病院改革(日本経済新聞出版社/1,500円)」 を出版されましたのでご紹介いたします!

Picker方式の患者経験調査の適合性と有用性評価に関する最終報告書(PDFファイル)

ご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です (無償)。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。以下のサイトにてご用意ください。
Adobe Readerのダウンロード

このページの先頭へ