下記ボタンよりPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。 (クリックすると別ウインドウで開きます)






講演タイトル
「スーダンの地域医療の現状とロシナンテスの活動」
特定非営利活動法人ロシナンテス 理事長 川原 尚行 氏



概要
スーダンは内戦の末、11年に南スーダンが分離独立した。その後7年が経過し、経済状況不良、医療に関わる予算不十分、医師の首都一極集中、貧困などの問題がある中、当団体は地方行政と協働して巡回診療を行なっている。地方行政は、僻地を医療特区に認定し、研修を受けた看護師を準医師として医療に従事させ、また予防医療、特に母子保健に注力している。巡回しながら妊産婦健診、乳幼児健診、予防接種、住民への健康教育を行っている他、汚染された水を介しての感染症を減らすため、安全な水の提供を行うための水事業を行っている。限られた医療資源の中で地域住民への健康を保持するための最大限の効果を引き出すための工夫が必要と考えている。

略歴
1965年(昭和40年)生まれ。92年九州大学医学部卒業、外科医となる。97年九州大学医学部大学院修了、98年に外務省入省。在タンザニア日本国大使館医務官兼二等書記官、02年在スーダン日本国大使館医務官兼一等書記官。05年外務省を辞職、同国で医療支援活動開始、06年特定非営利活動法人ロシナンテスを設立、理事長となる。11年から16年まで東日本大震災後の復興支援活動を宮城県で行う。現在、スーダンにて巡回診療事業、栄養改善事業、水事業などを継続させている。高校、大学とラグビー部に所属。妻は高校同級生。 1男2女の父親でもある。支援して下さっている方々に常に感謝の気持ちを持ち、「敬天愛人」を座右の銘とし、医療支援活動を行っている。



医療のTQM推進を考える
Ⅰ:地域包括医療
11月16日(金)16:00~17:30


座長

 伊澤 敏 氏(佐久総合病院 統括院長)

シンポジスト

 北澤 彰浩 氏(佐久総合病院 診療部長)
 織田 良正 氏(織田病院/佐賀大学 総合診療部助教)
 村城 正 氏(社会福祉法人協同福祉会 理事長)
 

医療のTQM推進を考える
Ⅱ:薬剤部プロセス
11月17日(土)15:00~16:30


座長

 岩瀬 三紀 氏(トヨタ記念病院 院長)

シンポジスト

 木村 真策 氏(千船病院 薬剤科課長)
 遠山 幸男 氏(トヨタ記念病院 薬剤長)
 中川 哲志 氏(岩国市医療センター医師会病院 薬剤部副部長)
 

1. ランチョン1
 11月17日(土)12:20-13:10 大ホール
 メディカル・データ・ビジョン株式会社 専務取締役 浅見 修二 氏
 「地域包括ケアを支える患者参画型医療サービスCADA-BOXについて」

2. ランチョン2
 11月17日(土)12:20-13:10 中ホール
 東洋羽毛九州販売株式会社 (社)日本睡眠教育機構 認定 睡眠健康指導士 久保 工 氏
 「睡眠について~より良く眠る睡眠6ケ条~」


日時:平成30年11月16日(金) (大会初日) 19:30-21:00
 場所:小倉ステーションホテル (北九州市小倉北区浅野1-1-1)5F 飛翔
 演目:小倉祇園太鼓  参加費:4,000円
 ※交流会に参加ご希望の方は、フォーラム参加登録の画面からお申込みください。