第23回フォーラム「医療の改善活動」全国大会in東京の参加登録ならびに演題登録を開始いたしました。
皆様のご参加・演題のご登録をお待ちしております。

  • 日 程 : 2022年11月18日(金)~19日(土)
  • 会 場 : イイノホール&カンファレンスセンター
        〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-1-1
        飯野ビルディング4階
  • 大会長:泉 並木(武蔵野赤十字病院 院長)

  • 事務局:第23回フォーラム大会事務局 武蔵野赤十字病院
 参加登録・演題登録は下記のバナーからお願いいたします。
 ※演題登録・要約登録の締め切りを9月30日(金)まで延長いたしました。

   
多数のご参加をいただき誠にありがとうございました。
お陰様を持ちまして、盛会裏に閉会いたしました。

「医療の高度化、複雑化、そしてコロナ禍を背景に、医療組織の運営は急性期、慢性期を問わず難しい時代となっています。そこで今般、ネスレ日本(株)ネスレヘルスサイエンスカンパンーが主催いたします『医療スタッフのためのマネジメントセミナー』では、 ケアミックス病院や介護施設の管理者として、またBSCやTQMをマネジメント・ツールとして利用する組織運営の経験の深い齊藤雅也先生に、下記の2点を中心に、マネジメントの実際を語っていただきます。
・患者・利用者に安心安全な医療・介護を提供し、スタッフの意欲を高める組織マネジメントとは何か?
・BSC/TQMを使って、スタッフ、チームはどのように成長していったか?
管理職のみならず、多くの医療スタッフの方々の聴講をお待ちしております。
参加は無料です。参加を希望される方はこちらから詳細と申し込み方法を御確認下さい」

「CHC(Conference for Health Care)の目的は、国内外の医療関係者のみなさんと、それぞれが取り組まれている「医療の質の管理」について、各施設の取り組みを共有し、グローバルな視点でディスカッションを行うことで、新たな気づきを得たり、それぞれの取り組みの良い部分を結合したりして、更なる改善を積み重ねてスパイラルアップしていくことです。CHCは、病院の品質管理におけるリーディングホスピタルとして世界的に有名なバージニアメイソン病院(アメリカ・シアトル)と、日本の病院としては先駆的にTQM(Total Quality Management)を取り入れるなど積極的に改善活動に取り組む飯塚病院(福岡県飯塚市)が2013年に共同で立ち上げたカンファレンスで、年に1回開催しています。
この度、第9回Conference for Health Careを開催いたしますので、参加を希望される方はこちらから詳細と申し込み方法を御確認下さい。」

「大阪公立大学医学部医学研究科では、医療と福祉、コミュニティのための品質管理について学び、リーダー シップやマネジメント、品質管理の手法・戦略などに関する講義や演習を通じて、医療の質を高め、医療費抑制と真のPatient Firstを両立する医療とは何かについて、講師・受講生と一緒に考える「医療の品質管理」コースを、2018年度から開講しておられます。

 今回、2022年度から、このコースを医療のTQM推進協議会の会員の皆さまにもオープンにしていただけることになりました。

 より質の高い「医療の品質管理」を協議会会員の皆さまに学んでいただくために、参加をお勧めいたします。受講料は無料です。ご希望の方は、こちらから詳細と申し込み方法をご確認下さい。」

 優秀賞受賞チーム(第14回大会以降)の要約よび報告文が会員専用ページからもご覧頂けます。当ページの左側メニューにあります会員専用ページよりアクセスしてください。

2022.06.23
第23回フォーラムの参加登録・演題登録を開始いたしました。
2022.05.09
第23回フォーラムプレセミナー「医療の改善活動推進セミナー in 東京」のお知らせを掲載しました。
2021.08.31
第22回フォーラム「医療の改善活動」全国大会in大阪の演題登録期間を延長しました。皆様のご登録をお待ちしております。
2021.07.16
第22回フォーラム「医療の改善活動」全国大会in大阪の特別講演講師が、森 清氏(公益社団法人2025年日本国際博覧会協会 前副事務総長)より前田 泰宏氏(同協会 理事・副事務総長)に変更となりました。
2021.05.31
第22回フォーラム「医療の改善活動」全国大会 in 大阪 オンライン開催についてのお知らせを掲載しました。
2021.01.12
第22回フォーラム「医療の改善活動」全国大会 in 大阪 開催についてのお知らせを掲載しました。
2021.01.12
第22回フォーラム「医療の改善活動」全国大会 in 大阪 プレセミナー開催についてのお知らせを掲載しました。
2020.11.26
「パワーポイントでビデオ作製」の方法と実際を掲載しました。
2020.06.01
第22回フォーラム「医療の改善活動」全国大会 in 大阪 延期のお知らせを掲載しました。
2020.03.16
第22回フォーラムプレセミナー「医療の改善活動推進セミナー in 大阪」のお知らせを掲載しました。
2020.01.06
第22回フォーラム「医療の改善活動」全国大会 in 大阪を開催いたします。
2019.10.16
CHC2019開催のお知らせを掲載しました。
2019.07.09
第5回医療のTQM・近畿ワークショップのお知らせを掲載しました。
2019.03.22
第21回フォーラムプレセミナー「医療の改善活動推進セミナー in 仙台」のお知らせを掲載しました。
2018.12.12
第21回フォーラム「医療の改善活動」全国大会 in 仙台を開催いたします。
2018.08.07
CHC2018開催のお知らせを掲載しました。
2018.06.25
第4回医療のTQM・近畿ワークショップのお知らせを掲載しました。
2018.04.17
第20回フォーラムプレセミナー「医療の改善活動推進セミナー in 北九州」のお知らせを掲載しました。
2018.01.15
第20回フォーラム「医療の改善活動」全国大会 in 北九州を開催いたします。
2017.07.21
ニュースレターVol.39を掲載しました。
2017.07.04
第19回フォーラムの参加登録、演題登録の受付を開始いたしました。
2017.07.03
第3回医療のTQM・近畿ワークショップのお知らせを掲載しました。
2017.03.17
第19回フォーラムプレセミナー「医療の改善活動推進セミナー in 松山」のお知らせを掲載しました。
2017.01.07
第19回フォーラム「医療の改善活動」全国大会 in 松山を開催いたします。
2016.09.27
第14回以降の優秀賞受賞チームの要約及び報告文が会員専用ページよりご覧頂けます。
2016.08.02
ニュースレターVol.38を掲載しました。
2016.06.23
第2回医療のTQM・近畿ワークショップのお知らせを掲載しました。
2016.06.20
第18回フォーラムの参加登録、演題登録の受付を開始いたしました。
2016.05.18
第17回フォーラム優秀事例並びに事例発表は会員専用ページよりご覧頂けます。
2016.05.17
第7回バージニアメイスン病院Kaizenセミナーのお知らせを掲載しました。
2016.03.01
第18回フォーラム プレセミナーのお知らせを掲載しました。
2016.01.19
第18回フォーラム「医療の改善活動」全国大会 in 倉敷を開催いたします。
2015.09.15
ニュースレターVol.37を掲載しました。
2015.08.05
第1回医療のTQM・近畿ワークショップのプログラム・発表事例を掲載しました。
2015.07.23
第17回フォーラムの参加登録、演題登録の受付を開始いたしました。
2015.06.15
第1回医療のTQM・近畿ワークショップのお知らせを掲載しました。
2015.04.30
ニュースレターVol.36を掲載しました。
2015.04.24
第6回バージニアメイスン病院Kaizenセミナーのお知らせを掲載しました。
2015.03.20
第17回フォーラム プレセミナーのお知らせを掲載しました。
2015.01.05
第17回フォーラム「医療の改善活動」全国大会を開催いたします。
2014.09.13
上原鳴夫理事長逝去に伴い、理事長が安藤廣美に交代しました。
2014.07.01
第16回フォーラム「医療の改善活動」全国大会を開催いたします。
2014.04.26
ニュースレターVol.35を掲載しました。
2014.04.26
会員施設を更新しました。
2014.04.10
第5回バージニアメイスン病院Kaizenセミナーのお知らせを掲載しました。
2014.03.08
第16回フォーラム プレセミナーのお知らせを掲載しました。
2013.11.28
会員施設を更新しました。
2013.08.24
2013年リフレッシュ・セミナーのお知らせを掲載しました。
2013.06.18
組織を更新しました。
2013.05.07
第15回フォーラム「医療の改善活動」全国大会を開催いたします。
2013.04.01
ホームページをリニューアルしました。
2012.07.01
第14回フォーラム「医療の改善活動」全国大会を開催いたします。
2012.06.09
組織を更新しました。

医療のTQM推進協議会 施設会員の麻生飯塚病院の開設者、麻生泰様が「明るい病院改革(日本経済新聞出版社/1,500円)」 を出版されましたのでご紹介いたします!

Picker方式の患者経験調査の適合性と有用性評価に関する最終報告書(PDFファイル)

ご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です (無償)。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。以下のサイトにてご用意ください。
Adobe Readerのダウンロード

このページの先頭へ